読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を豊かにするおすすめ映画予告編&レビューサイト

仕事で疲れている人、恋愛で悩んでいる人、家族の悩みを抱えている人、思いっきり泣きたい人、思いっきり笑いたい人のために、映画情報サイトをつくりました。日々の悩み事は映画を観て解消しましょう!映画の中に答えがあります。きっとあなたの今の悩みを解決する映画があるはずです!

ありふれた事件

f:id:silencio666:20170401134136j:plain

殺人と強盗を職業としている男ベン(ブノワ・ポールヴールド)と、彼を題材にしたドキュメンタリー映画を制作している、監督のレミー(レミー・ベルヴォー)、カメラのアンドレ(アンドレ・ボンゼル)、録音のパトリック(ジャン=マルク・シェニュ)。さまざまな殺人を重ねては死体を遺棄し、殺しのノウハウやポリシーを得意気に語るベンと行動を共にするうちに、撮影クルーのモラルが消失。やがて、ベンと共に女性を襲った後に殺害、遺体から内蔵を引っ張り出すという凶行に走るまでになる。

見どころ:俳優としても活躍する『ココ・アヴァン・シャネル』などのブノワ・ポールヴールドら、ベルギーの俊英たちが監督・製作・脚本・出演を兼任したクライムバイオレンス。殺人や強盗で生計を立てる男の暴力と狂気に満ちあふれた日常を、モキュメンタリースタイルで捉えていく。全編モノクロの荒々しいビジュアル、鮮烈で生々しい殺人描写の数々、良心なき殺人者にふんしたブノワの怪演が絡み合って生み出される異様にして唯一無二の世界観に、ただただ圧倒される。

 

管理人レビュー【3.5/5.0】

オブラートに包むことを排除した徹底的な暴力。ただ無機質な殺しを淡々と見せられる。ただそれがなぜか心地よく面白いと感じてしまう。ベルギー映画にはずれがないと井筒監督が言っていたのを思い出しました。