読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を豊かにするおすすめ映画予告編&レビューサイト

仕事で疲れている人、恋愛で悩んでいる人、家族の悩みを抱えている人、思いっきり泣きたい人、思いっきり笑いたい人のために、映画情報サイトをつくりました。日々の悩み事は映画を観て解消しましょう!映画の中に答えがあります。きっとあなたの今の悩みを解決する映画があるはずです!

ギヴァー 記憶を注ぐ者

f:id:silencio666:20170319000525j:plain

 いかなる争いも揉め事もない平和な管理社会が築かれた近未来。飢餓も貧困もなく、全ての苦痛が排除され、完全な平等世界であるコミュニティーは、まさに理想郷であった。過去の記憶を一切持たない住人たちは、指定服の着用と感情の高揚を抑制する毎朝の投薬、そして正直であることが義務づけられ、長老委員会が指定する職業に就いていた。

 少年ジョナス(ブレントン・スウェイツ)は、養育センターで働く父(アレクサンダー・スカルスガルド)と母(ケイティ・ホームズ)、そして妹の4人で家族ユニットを組んでいたが、職業任命の儀式で主席長老(メリル・ストリープ)から〈記憶を受け継ぐ者〉=ザ・レシーヴァーに指名される。だが、それは最も名誉ある仕事であると同時に、苦痛と孤独を強いられる辛い職業でもあった。全コミュニティーの過去の記憶を唯一蓄えている賢者〈記憶を注ぐ者〉=ザ・ギヴァー(ジェフ・ブリッジス)から人類の記憶(歴史)を日々伝達されることになったジョナスは、気候制御のために排除された〈雪〉や〈色彩〉〈音楽〉〈愛情〉〈夢〉といった様々な事象の存在を知っていく。

やがて〈戦争〉の残虐さと、同一化計画を進める長老委員会が〈解放〉と言い換えている〈殺人〉を目の当たりにしたジョナスは、安全で差別のないコミュニティーの裏側に隠された秘密と真実、そして共同体の限界を痛感、現状を変える旅に出ることを決意するが……。

管理人レビュー  【3.4/5.0】

監督がフィリップノイスということもあって、身構えての鑑賞だったけどいざ始まるとけっこうティーン向けでびっくり。かといって大人は楽しめないかと言われればそうでもなく、人類の近未来概論といったような教科書的な映画でした。
色彩を上手くコントロールする演出はちょっと子供だましっぽいけど良かったです。